« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

いつも心に

私は高齢者施設でピアノ演奏のボランティアを 月に一回ほど行っているのですが 演奏に伺っている一つの施設で 99歳になるWさんとお知り合いになり 仲良くしていただき 素晴らしい出逢いが その施設でありました。
女性の方ですが しっかりとした方で 私が演奏に行く度に ピアノ演奏の感想を 言っていただき 色々と人生の事、生きていくという事、私に色々な人生のお話しをしていただき 演奏に行く度に Wさんにお会いするのを楽しみに伺っていました。
若い頃 独学で 4年制の通信大学に入学し 4年で卒業されたそうです。
当時 通信大学に入学して 卒業するのは とても難しかったそうですが お子さんを育てながら 勉強なされて きっちりと御卒業なさったそうです。そして小学校の先生になられたそうです。強くて 知的で 優しくて 素晴らしい方でした。私の人生の師であり 尊敬する 憧れの方でした。
私なんかのピアノを 自然の情景が目に浮かぶようだ とか ピアノの勉強を一生かけて 精進して下さい と言っていただきました。 
99歳のお誕生日は 施設で演奏させていただき 一緒に誕生日会に参加させていただきましたね。
いろんなお話を聞かせていただき 楽しかったです。いつも本当にありがとうございました。
又 お会いしたかったです。
先ほど施設から Wさんが一昨日亡くなられたことを聞いて 信じられず 悲しく 涙が溢れでてきます。
Wさんとの思い出が沢山思い出されます。 Wさん どうぞ安らかにお眠り下さい。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイムトリップ!

最近 家の近くの朝日美術館に行ってきましたが そこには 縄文時代の遺跡が沢山展示してありました。地元の彫刻家 上条俊介の彫刻も何点か展示してあります。二階が地元で発掘された縄文遺跡を展示してあり 今まで3、4回に渡り 何点ずつか発掘されたそうです。ここの遺跡は 熊久保遺跡と呼ばれるみたいで 近くにもう一つ遺跡があるのですが そこは東の平出遺跡と呼ばれ、 西の熊久保遺跡と呼ばれるそうです。4000年前の時代は 石などを剃ってお皿にしたりして そこでクルミなどの木の実を すり潰したものを 食べたりもしていたそうですが 食料を入れる瓶など あの時代にして 本当に見事な細工で 色々な知恵を使った手法で 例えば縄を使ったりして模様を施したりして 素晴らしい技法で作られていたようです。今でいうランプの役目を果たすものも展示されていましたが 縄文時代は 信仰が全てという感じだったそうですが 亀や蛙の模様が施された 信仰の儀式などで使うらしいものも 展示されていました。それに 縄文時代の人の寿命は長く生きれて40年 普通の人で30年だったそうです。その30年という人生の中で なにも文明など発達していない全て人の力で火をおこして 知恵を出して 自然と人間のシンプルだけど壮絶でもあったであろう縄文時代に
当時の人達はどのような思いで 生活をしていて生きていたのだろうと思いました。 そして今の時代を見たらどう思うのだろうと思いました。おそらく 当時の人達は人の心や人との繋がり 全ての自然との繋がりを一番に大切にして 私利私欲というものもなく 人間が生きていく上で本当に大切なものを理解して生きていたのではないかなと思いました。 勝手に私が感じたことですが。
今の時代が 縄文時代に戻ったら 果たしてどうなるのだろうか? 縄文時代の生活は とても人間にとって重要な事を沢山していたのではないだろうか? 人間の健康 精神 全てにとって。
縄文時代から学ばなければいけないことが 沢山あるのではないかと思いました。
そして できることなら縄文時代にタイムトリップしてみたいな と思いました。
きっと素晴らしい満点の星空の時代なんだろうなって。人々の心も純粋で 澄み渡っていて。。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショパン エチュード革命

エジプトで30年続いた独裁政権が幕を閉じた。と今ニュースで言っています。
エジプトの人々は 革命成功だ! 解放される! 自由だ! と叫んでいました。
私は この瞬間 ショパンの革命というエチュード、ピアノ曲を思い出しました。
やはり もう 世界が日本が大変革していく時が きているのだな と思いました。ここまで来るのに長かったと私は思いますが 肝心なのは 大事なのはこれからだと思いますし 世界や日本で 人と人との繋がり 助け合いが 大切な時代になってくると思います。
そして 良い方へ世の中を変えたいという気持ちが 新しい過ごしやすい未来へと繋がっていく気がします。
スポーツ 音楽、例えばサッカーなどの 社会活性化などは みんなが楽しめて 大変世界的に重要で意味があると思いますし、音楽も人々が癒され 一つになれる 重要なことだと思っています。 
これからの世の中 もはや テレビで起きている国内外の自然災害、など もはや他人事ではないし いつ自分の身にふりかかるか わかりませんが 現実を理解し 真実を見て 判断して行動していきたいと思います。どんな変化が自分自身に起きても 大丈夫なように。
これからの未来を悲観したり 予言や世間で騒がれてる話に興味を持ったり 色々な思い方があると思いますが、 私は これからは 人類が動物が植物が 本当の意味で過ごしやすい地球になっていくと思っています。
ショパンの革命 あの時代にショパンは本当のところ どんな気持ちで この曲を作曲したのだろう と思っています。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »