« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

Heal The World

マイケル ジャクソンの映画 THIS IS IT を 昨日 近くの映画館で観ました。 
言葉で言い表せない 衝撃的な感覚 哀しさ 切なさ 感動 暖かさ優しさ 凄ましさ 後悔 色々な感覚を映画を観ている間に 感じました。
最後の 後悔 は マイケルの生前にもっと もっとマイケルの尊い 素晴らしい 神なる存在をきちんと理解していたかった。と思ったからです。
マイケルの ダンスといい 歌といい  この世の中に存在するはずが無いような非現実的な空間を ステージで再現させるはずだったのに。。マイケルの表現 存在は完全に神の域だったと思います。
マイケルのダンスを ロックンロールの教会のようだ とステージ関係者が映画の最後の方で言っていましたが 私もそのように思いました。
芸術は ロックンロールであろうが クラッシックであろうが ジャズであろうが 聖なるものがそこになければ 聴いているものを 本当の意味で 引きつけられないと思うのです。
それに オーディションで受かったダンサー達が本当に素晴らしく 魅了するダンスで とても楽しそうで マイケルと一緒にステージに立てることが本当に 幸せそうでした。
芸術 表現することは 惑わすこと マジックであることだとも思うのです。
マイケルジャクソンの あのダンスでの間の取り方 たたみかけるような けれど計算された 素晴らしいリズム感と 研ぎ澄まされた感性。 
そして マイケルはとても謙虚でフレンドリーだと 関係者が言っていましたが 音楽をやる上で その二つはとても大切だと思います。
マイケルは天性でその2つを持っていたのでしょう。

そしてマイケルは自然が大好きで 壊された自然を良くして 守っていきたいと 映画の最後の方で言っていました。誰かが良くしてくれるのではなく 自分から事を起こさなければ さあ 変わろう! と。

この世で 愛が一番大切。 
それさえあれば生きていける。

この映画のタイトル最初意味がわからなかったのですが 映画を観ていて マイケルが生きていたら公開するはずだったステージ、 この映画はそれだよ とも とれるような感じがして まさに何か予言めいた この世とあの世をはさんで マイケルの仕掛けの全くわからないトリックというか 凄いエンターティナーだな と思いました。

映画THIS IS ITは私の心に あたたかな愛と光をもたらしてくれました。 
ありがとう マイケル! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »